前へ
次へ

化粧品にはいっている防腐剤一覧

化粧品のクリーム、乳液、リキッドファンデーションなどは水分や油分が多いため微生物が繁殖しやすく特に防腐剤が必要とされています。
またアイメイク製品は目の粘膜に触れることが多いので病原性細菌の感染の心配があり、防腐剤が使われています。
化粧品に使われている代表的なものを一覧としてあげてみましょう。
パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)は抗菌性が強く、多くの微生物に効果があります。
毒性は比較的低く、刺激も少ないといわれています。
安息香酸は殺菌作用は弱いが静菌作用があります。
デヒドロ酢酸ナトリウムは水に溶けやすく、カビ、酵母、好気性菌に対して静菌作用があります。
ヒノキチオールはヒノキ油などの中に含まれる殺菌成分で微生物に強い抗菌性があります。
フェノキシエタノールは抗菌性は弱いですが、パラベンが効きにくいグラム陰性菌に効力を発揮します。

化粧品の成分一覧表について

化粧品には、配合されている成分の一覧表が付属しています。
薬事法により、成分表示をすることが義務づけられているからです。
化粧品には、化学合成された防腐剤が配合されている場合があります。
たとえば、パラベンやフェノキシエタノールなどです。
これらは、少量の使用なら問題はありませんが、多く使用したり長く使用し続けたりすると、肌に刺激を与える可能性があります。
また、デリケートな肌の人の場合は、少量で短期間の使用でも、肌荒れを起こしてしまうことがあります。
肌の安全のために、これらが配合されていない化粧品を使用しなければならない人もいます。
そのため、配合されているかされていないかが一目でわかるように、化粧品には成分の一覧表がついているわけです。

Page Top